クリニック紹介 | 鈴木内科医院 | 内科 消化器内科 糖尿病内科 | 西脇市野村町

  • ,ネット予約はこちらから
  • 順番確認はこちらから
  • 0795-24-0456

クリニック紹介

  • 外観

    外観
  • 駐車場(32台)

    駐車場(32台)
  • 駐輪場

    駐輪場
  • エントランス

    エントランス
  • 受付

    受付
  • 待合室

    待合室
  • 第一診察室

    第一診察室
  • 第二診察室

    第二診察室
  • 内視鏡検査室

    内視鏡検査室
  • 前処置室

    前処置室
  • 処置室

    処置室
  • エックス線検査室

    エックス線検査室
  • 吸入コーナー

    吸入コーナー
  • バリアフリー対応トイレ

    バリアフリー対応トイレ
  • 相談室

    相談室
  • 外観
  • 駐車場(32台)
  • 駐輪場
  • エントランス
  • 受付
  • 待合室
  • 第一診察室
  • 第二診察室
  • 内視鏡検査室
  • 処置室
  • 前処置室
  • エックス線検査室
  • 吸入コーナー
  • バリアフリー対応トイレ
  • 相談室

当院の理念

①医学的根拠(EBM:evidence-based medicine)に基づいた治療の提供
最新の正しい治療を提供する事は大切ですが、正しい治療が必ずしも患者様に利益になるとは限らない場合もあり、患者様に最適の治療(オーダーメイド治療)の提供も心掛けます。
②病状や検査結果、治療法の分かりやすい説明の提供
難しい医学用語を多用して患者様に説明しても理解困難な場合が多く、有益な治療に結び付く事は少ないと思われます。丁寧で分かりやすい説明を行い、患者様と共に最良の治療法を決定します:Informed consent(告知に基づく同意)。
③地域のかかりつけ医として、予防医学を重視した医療の提供
普段の生活習慣の改善等により予防できる病気もたくさんあります。当院では、医師、看護師、隣接する薬局の薬剤師などによるチーム医療で、患者様の健康寿命を延ばせるように取り組みます。
④専門性を活かした医療の提供
一般内科の中でも消化器疾患を中心に診療してきた経験を活かし、上部・下部消化器内視鏡検査に力を入れ、病気の早期発見・早期治療に取り組みます。

当院の特長

当院は西脇市野村町に新しくできた茜が丘というニュータウンの入り口にあります。
西脇市茜が丘地区計画にて診療所の誘致があり、市にも協力を頂き開院する事ができました。茜が丘の街並みはお洒落で、クリスマスのイルミネーションは華やかです。医院といえどもお洒落な街に溶け込む建物にしたいと思い、加古川市にある古田建設設計事務所に設計を依頼しました。

また、都市部とは違って公共交通機関はやや不便な場合もあり、自動車での来院が主になると考え、地域のかかりつけ医として、来院しやすいように、駐車場は広く、たくさんの台数が駐車できるように致しました(駐車場32台完備、臨時駐車場も増設しておりますのでワクチン接種時など混雑時には更に20台程度は駐車可能です)。

総合病院では重症患者様や救急患者様にて待ち時間が長くなる事が多いと思いますが、当院では診療待ち時間の短縮化にも工夫致しております。医院である当院ではできるだけ待ち時間を短縮できるように、曜日によりますが非常勤医師との2人体制で診療に従事する事、診療予約システムやどうしても待ち時間がある場合はその時間を有効に他の事に使って頂けるように、携帯電話での呼び出しシステムを導入しております。気軽に来院できるように、またかかりつけ医として信頼されるように、安全な医療の提供を目標に尽力して参ります。

ロゴマークの意味

当院のロゴマークは、鈴木内科医院の英語の頭文字であるSをモチーフに、内科の中でも消化器疾患を専門的にという意味を込めてデザインされております。

黄緑のラインは喉から食道、緑のラインは小腸・大腸の腸管、その中央にできる空間は胃を表現し、小さな2つの丸は、肝臓や胆嚢、膵臓などを表現しております。また、各々の色別でみますと、人を表し、当院のたくさんのスタッフが患者様に色々な角度で関わり病気を治すという意味を込めております。当院のカラーは緑としております。私が子供の頃から好きな色であった事もありますが、緑には安全・癒し・自然・生命力などのイメージがあり、当院にふさわしいという思いからでもあります。