胃カメラ検査 | 鈴木内科医院 | 内科 消化器内科 糖尿病内科 | 西脇市野村町

  • ,ネット予約はこちらから
  • 順番確認はこちらから
  • 0795-24-0456

胃カメラ検査

定期的に受けたい胃カメラ検査
胃カメラ(上部消化管内視鏡)は、小さなカメラによって食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べるのに用いられる検査機器です。
胃カメラ検査を定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が飛躍的に高まります。特に、萎縮性胃炎やピロリ菌感染のある方には、定期的な胃カメラ検査をお勧めしております。
苦しくない胃カメラ検査
胃カメラ検査は挿入する場所(鼻か口)によって呼称が変わり、それぞれ経鼻内視鏡・経口内視鏡検査と呼ばれます。
当院では、従来の経口内視鏡に加えて、口から入れるよりもオエッとなること(嘔吐感)が少ないため楽に検査ができる経鼻内視鏡を導入しています。検査の実際やメリット・デメリットをご説明し、よくご理解いただいた上で、いずれかをお選びいただきます。
また、ご希望の方には鎮静剤を使用し、眠ったような状態で検査を行います。
胃カメラ検査で発見される消化器疾患
胃カメラは、下記のような病気の検査・診断に有効です。
  • ・逆流性食道炎
  • ・食道がん
  • ・胃潰瘍
  • ・急性/慢性胃炎
  • ・胃がん
  • ・十二指腸潰瘍
  • ・十二指腸がん など

このような症状に胃カメラ検査を
お勧めします

  • ・上腹部が痛む
  • ・胃に不快感がある
  • ・胸やけがする
  • ・喉、または胸につかえ感がある
  • ・吐き気、嘔吐を催す
  • ・黒い便が出る
  • ・貧血を指摘されている
  • ・急に体重が減った
  • ・顔色が悪いと言われる
  • ・胃のバリウム検査で異常を指摘された
  • ・胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがある
  • ・肝硬変と言われている
  • ・食道がんや胃がんを治療したことがある など

胃内視鏡検査実績

胃内視鏡検査数
2017(※) 42
2018 394
2019 501
2020 593
2021 663
2022 集計中

(※)2017年は11月6日開院日より12月31日までの件数を示す

経鼻内視鏡検査の流れ

予約

▼検査時間
月~土 8:30~9:00
月~金 13:30~15:00

検査当日

  • 1.問診
    経鼻内視鏡検査を行うにあたり、リスクが伴わないかをチェックします。
  • 2.消泡剤を飲みます。
    胃の中の泡を消して胃壁をきれいにし、観察しやすくするためです。
  • 3.内視鏡を挿入する方の鼻を選択します。
    鼻翼を片側ずつ押さえて鼻呼吸をし、鼻の通りの良い方を確認して、どちらの鼻から内視鏡を挿入するかを選びます。
  • 4.両方の鼻腔に局所血管収縮薬を噴霧します。
    鼻腔粘膜の血管を収縮させて出血しにくくすると共に、鼻の通りを良くするためです。
  • 5.鼻腔に麻酔薬を注入して、局所麻酔を行います。
  • 6.麻酔薬を塗ったチューブを挿入し、2-5分間ほど留置します。
    鼻腔の痛みを抑え、胃カメラの通過を滑らかにするためです。
  • 7.左側を下にしてベッドに横になり、検査が始まります。
  • 8.鼻から胃カメラを挿入します。
    経鼻ですと、口は自由に動かせますので、医師らスタッフとの会話が可能です。
  • 9.食道、胃、十二指腸を観察します。
検査後
  • ・鼻を強くかまないでください。
  • ・検査後、1時間程度は飲食を控えてください。
  • ・組織検査を行った方は、お食事は2時間以上経過してからにしてください。

また、検査後2~3日は、アルコールや香辛料などの刺激物は控え、消化の良いものを召し上がるようにしてください。

胃カメラを受ける際の注意点

検査前日
  • ・前日の夕食は、なるべく早めに済ませるようにしてください。
  • ・アルコールは控えることが好ましいです。
  • ・遅くとも午後9時を過ぎたら食事をしないようにしてください。
  • ・少量の飲水(水やお茶が望ましい)は可能です。
  • ・内服薬に関しましては、検査に伴い中止すべき薬もあり、指示に従ってください。
検査当日
  • ・検査が終わるまで、食事は禁止です(少量の飲水(水・お茶)は可能です)。
  • ・タバコは吸わないでください(胃液分泌が多くなり、検査が行いにくくなります)。
  • ・リラックスして検査が受けられるよう、ゆったりとした服装でご来院ください。

経口内視鏡検査の流れ

予約

▼検査時間
月~土 8:30~9:00
月~金 13:30~15:00

検査当日

  • 1.上着を脱ぎ、メガネ等ははずし、ネクタイやベルトを緩めるなど、首やお腹の緊張を解いて、ゆったりとした格好になります。
  • 2.咽頭麻酔をします。
  • 3.左側を下にしてベッドに横になり、検査が始まります。
    ※鎮静剤をご希望になる方には、鎮静剤を注射してから検査を行います。
  • 4.口から胃カメラを挿入していきます。
  • 5.食道、胃、十二指腸を観察します。

*検査を楽に受けられるよう、肩の力を抜き、ゆっくりと呼吸しましょう。苦しいからといって首を振ったり体を動かしたりしては、かえって辛くなりますし、危険です。
また、検査中に生検(詳細な検査をするために、胃や腸の粘膜からごく小さい組織片を摘まみ出すこと)をしたり、色素液をまいたりすることがあります。これは炎症の程度や悪性度をみるためです。痛みなどは伴いませんので、安心して指示に従ってください。

検査後の注意点

  • ・咽頭麻酔が切れるまで、検査終了後1~2時間は飲食を控えてください。
  • ・組織検査を行った方は、お食事は2時間以上経過してからにしてください。
    また、検査後2~3日は、アルコールや香辛料などの刺激物は控え、消化の良いものを召し上がるようにしてください。
  • ・胃カメラ施行時に胃に空気を入れて膨らませるため、検査後はお腹が張りますが、次第に楽になりますので、心配いりません。

胃カメラ検査の費用

費用

下記の表に示す以外に、診察、感染症採血、検査に使用する薬剤、処方薬等の費用も別途発生しますのでご注意下さい。

  保険検査
3割負担
保険検査
1割負担
自費検査
※診察代
(¥2,000)含む
観察のみ ¥3,500程度 ¥1,200程度 ¥13,500程度
組織病理検査
(1臓器)
¥4,000追加 ¥1,400追加
組織病理検査
(2臓器)
¥7,500追加 ¥2,500追加

ピロリ菌検査の費用

  保険検査
3割負担
保険検査
1割負担
自費検査
※診察代
(¥2,000)含む
迅速ウレアーゼ検査
(ヘリコバクター・
ピロリ菌検査)
¥1,600程度 ¥600追加

※この項目は医療保険が適応になりますので自費検査代に該当項目を追加して計算して下さい。

内視鏡検査におけるキャンセルについての取り決め(キャンセルポリシー)について

当院の内視鏡検査は予約で混み合っている状況となっております。残念ながら最近キャンセルの連絡も無く検査にお越しにならない患者様が増えてきました。このことについては以下に示す様々な悪影響が出るため、当院と致しましてその対策を行うこととなりました。あくまで無断キャンセルを抑止したいという意図であり、早めの自己都合によるキャンセルはお受け致しますので、ご相談下さい。

  • ・他の患者様が検査を受けられる機会の喪失。
  • ・当院スタッフは前日や当日早く出勤し検査準備を行うため、人件費や薬剤費が既に発生している。従って医療のみが特別ではなく、ホテル予約などと同様で、検査を行わないと医院の健全経営にも影響する。

キャンセルまたは予約変更可能な期間

原則 検査日の前日 正午まで
(但し、その時間が休診日の際は、その直近診療日まで遡ります)

例)検査日が月曜日の場合
→日曜日正午が締め切り時間となりますが、その時間は休診日となるため、土曜日の正午までが締め切り時間となります。
連休などの際は特にご注意下さい。

キャンセル料

検査日の前日正午~検査当日に適応
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ) 5,500円(税込み)
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)7,700円(税込み)

※但し、体調不良や不慮の事故などで当院へお越しになれないと判断される際にはキャンセル料はかかりませんのでご安心下さい。
ご連絡をお願いします。

算定根拠
観察のみの検査費用
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ) 約11,500円
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ) 約15,500円

そのうちの自己負担額は各々負担率によって変わります。

ホテル予約のように当日キャンセルで100%の全室料を頂くのと同じにはしておりませんが、検査準備にかかる費用、人件費等を算出致しまして、上記金額は患者様に自費で負担頂きます。

支払い方法

次回来院される場合

会計窓口にて現金でお支払い頂きます。

来院されない場合

振込先等を郵送でお送り致しますので、振り込みにてお支払い下さい(振込手数料は患者様負担でお願い致します)。
郵送後1ヶ月で入金が確認できない場合は、恐れ入りますが再度ご連絡させて頂きます。特に理由無くお支払い頂けない場合には、法的措置を講じる場合がございますのでご注意下さい。

連絡先

予約キャンセルや変更の申し出は、直接来院ないし電話にて承ります。

鈴木内科医院
電話番号:0795-24-0456

原則、診療時間内しかお受けできませんのでご注意下さい。

施行日

令和4年5月2日(月)以降の検査に適応致します。